無線・CB・DCR・特小|カメラ(SONY α6600)|キャンプ(*Snow Peak)|スケートボード|ドローン(Mavic Mini)|家族旅行|などを案内するBlogです。

DANGO Family Blog

全て 特定小電力|デジタル簡易無線

2020年度版|特定省電力トランシーバー|通信テスト

更新日:

特小無線(業務用)「ALINCO DJ-P321」とレジャー用「ELUT MSE-20」の通信距離テスト

前回、Blogで紹介しましたトランシーバーが、実際どの程度の通信距離があるのか実機でテストしてきました。よく飲食店などで利用されてる特小無線「ALINCO DJ-P321」(業務用)と「ELUT MSE-20」(レジャー用)との通信比較です。

全くトランシーバー(無線機)の知識はないので、「ELUT MSE-20」レジャー用と「ALINCO DJ-P321」特小無線(業務用|業務用とは言わないという人もいます)が通信できるのか心配でしたが、総受信周波数:422.050〜422.300MHz (12.5KHzステップ)であれば、別のトランシーバーと接続は可能です。

特定省電力トランシーバーはこの周波帯ですので、基本的に繋がります。ただし、製造メーカーによってチャンネル設定が違うので、同じチャンネルに合わせたけど繋がらない!ってことがあるので、各機種のメーカーサイトでチャンネル周波数を確認して下さい。

|どのぐらいの距離を通信できるの?

自宅近くの公園で通信距離テストをしてきました。テスト環境は埼玉県戸田市にある「彩湖・道満グリーンパーク」で行いました。人工溜池(湖)のほとりで通信テストです。

YouTube動画

実際のテスト内容はYouTubeにアップしてますので、こちらをご覧ください。

結果ですが、800mであれば通信内容が聞き取れる状況でした。「ELUT MSE-20」購入サイトの記載内容では、「交信距離の目安:市街地:約100~200m / 見通しの良い郊外:1~2km」とありましたが、見通しの良い郊外は、川沿いの土手などで、全く何も遮る物がない環境だと思います。

「ELUT MSE-20」の同じ機種と「ELUT MSE-20」と「ALINCO DJ-P321」の別機種で通信距離テストをしましたが、お互いに800mの通信距離で大きな差はなかったです。

特小無線と特小無線ならもっと通信距離が延びたかも分かりません。もっと通信距離が必要な方は、デジタル簡易無線の方が良いかと思います。ただし、総務省に簡易無線局の登録、開設届が必要となります。

詳しくは、総務省のホームページをご覧ください。
https://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/ru/kani/cr_touroku.html

デジタル簡易無線は買って即利用ができないので、その辺りも考慮した方が良いです。

|結論、使ってみてどっちが良いの?

これが、どちらが良いと言えないんです!用途によって購入を検討して下さい。業務用もレジャー用もどちらも同じ「特定省電力トランシーバー」ですが、私の考える用途の使い分けとなります。

✔︎ 「ELUT MSE-20」レジャー用の(2台セット;6,000円弱で購入しました)

  1. 家族・子供・友達とのちょっとしたレジャーやイベント、運動会、体育館内(同じ室内)程度の通信であれば、こちらでも十分です。子供のプレゼントには喜ばれると思います。
  2. 国定公園の森で1台落とし、管理事務所に届けて帰宅しました。翌日小雨で見つかったとしても壊れていると諦めてましたが、管理事務所の方が見つけてくださり、郵送してくれたのですが、問題なく通信ができました。

    この程度なら防水も機能してましたので、ちょっとした水濡れ、海、川、湖での利用も心配ないと思います。
  3. 子供と公園などの屋外で利用するには、問題のない距離だと思います。一度ショッピングモールでも使ってみましが、こちらは市街地程度の距離と思った方が良いです。フロアーが違ったら全く繋がりませんでした。

最初は、妻と息子用のトランシーバーでしたが、私も一緒に楽しみたいと思い、同じ機種を追加で1台購入したかったのですが、2台セットでの販売で、単品での販売は無かったので、色々と調べて業務用無線を購入した経緯です。

✔︎ 「ALINCO DJ-P321」業務用(1台;10,000円弱で購入しました)

  1. ハードに利用される方には、業務用が良いかと思います。耐久性、防浸(ぼうしん)も業務用だけあって違います。防水機能には、防水の種類(日本工業規格 C0920)があります。

    レベルが8段階まであり、「防浸」はレベル7になります。水深1mの水槽に30分間水没しても浸水がない。状態のことを言うみたいです。
  2. 安全に関わるような通信利用には、カヤック、カヌー、スノーボード、登山などの通信で利用する場合は、「ALINCO DJ-P321」の方が良いかとは思います。※デジタル簡易無線(トランシーバー)の方が良いです。
  3. 自分達だけの利用ではなく、不特定多数の方と通信を楽しみたい方は、「ALINCO DJ-P321」こちらの方が良いですね。私も購入して知ったのですが、特小無線、デジタル簡易無線でどこまで遠い人と繋がるか楽しんでられる趣味をお持ちの方もおられます。

    実際に聞くだけですが、多くの方が通信を楽しんでられます。

    特小トランシーバーでも中継機を介して、400kmも通信ができた方もおられるみたいです。当然、トランシーバーに中継機対応の機能が必要ですが、「ALINCO DJ-P321」にはついてます。

不特定多数の方と通信したい方は、山の山頂などの見晴らしの良い場所で行った方が繋がりやすいそうです。私は一度も他の方と通信できたことはないです。

あとは、防災用に持っているのも良いかも分かりませんね。私は、特小無線を購入して、デジタル簡易無線にも興味が出たのでこちらも購入しました。防災無線との通信はできませんが、いざと言う時に役立つかと思っております。

本当に何が起こっても不思議ではない時代になりましたので、備えは必要だと思います。

様々な用途で利用ができるトランシーバー ですが、通信をしていると子供の頃のように楽しいです。是非、楽しんでみてください。参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

-全て, 特定小電力|デジタル簡易無線

Copyright© DANGO Family Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.